読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただいま子育て中につき、ご用件のある方は・・・

2歳差兄妹をこそだて中!いくらか未来が好きになる。

離乳食がめんどうで嫌いだというママへ!わが家の楽ちん法をご紹介

f:id:syooryuuken:20170323160228p:plain

これから離乳食をはじめなくてはいけない新ママ、そろそろお粥以外の食材へと進むママ。

離乳食作りにストレスを感じていませんか?

 

その前に、そもそも料理って好きですか?

 

すみません。いきなり身も蓋もないお話になりますが、私は料理人ですが、料理自体を「楽しい」と感じたことはありません!

 

あくまで仕事ですから・・・結果的にやりがいは感じますが、「楽しい」という気持ちとはちょっと違うな~というのが本音です。

 

上手いとか下手とかの問題と、好きか嫌いかは少し違う感覚ですよね。

 

さらに離乳食ともなると、自分で食べた記憶も無ければ、「美味しい」という完成形も曖昧ですよね。

 

さらに、せっかく苦労して作ったのに食べてくれなかったり、育児本の通りに先に進まなかったりすることで、ますます離乳食がストレスになってしまうのです。

 

安心してください!悩んでいるママ、結構多いんですよ!

・これまでの人生で裏ごしとかしたことないし・・・

・離乳食を作るのに時間がかかりすぎる

・まず手が濡れるのが嫌やし

・味っていわれてもイマイチわからん

・いったいいつまでこれが続くのか・・・

・手作りでないとママ失格!?

 

などなど・・・

 

離乳食にストレスを感じているママは少なくありません。

ほんとうに心配なのは、不安やストレスを抱えたまま手作りの離乳食作りを続けていては、ママの笑顔も赤ちゃんとのスキンシップの時間も減ってしまうことです!

 

離乳食の栄養価値も大切ですが、こちらのママとの信頼関係も大切なのです。

 

ママには時間が必要でしょ!?

この時期の育児は24時間ず~っと続きます。

 

・母乳での授乳は昼夜問わずに2~3時間おきで寝不足!

・赤ちゃんをつれての買い物は2~3倍も時間がかかる!

・出産前にはあった自分の時間が全く取れない!

・ブログ書きたい・・・

 

他にも、産後のエクササイズもしたいし、おしゃれもしたい、外にお出かけもしたいし、美味しいものも食べたい!!!!

 

ママのリフレッシュタイムもとらないと、笑顔でいられないばかりか、イライラを赤ちゃんにぶつけてしまいかねません。

 

育児が原因でパパと衝突することもしょっちゅうです。

 

「働いて疲れているのに、育児の手伝いなんて無理!」

「基本、子供と遊んでるだけじゃん」

 

こんな言葉絶対にNG!ママの逆鱗に触れて、バトルが始まります・・・

 

そう、ママにはリフレッシュする時間が絶対に必要なんです!

 

わが家で「楽ちんしてママの時間を作る」ためにしてきた3つの工夫と、劇的に離乳食の調理が楽になったお助けグッズを紹介します。

 

旦那さんも交えて、吟味してください!

 

一度に数日分を作ってしまう

レストランのコース料理に使うソースだって、毎日は作ってられません!数日分を大量に作って、小分けに保存しておきます。

 

数日分の調理に欠かせないのは調理機器。そのなかでも真っ先に揃えておきたいのはハンドブレンダーです!

 

 

つぶす、刻む、混ぜるなどが基本作業はハンドブレンダーでわずか数秒間で解決します。

置き型のミキサーよりも音が断然静かですし、なにより掃除が楽。

 

試行錯誤の末に離乳食の後期に購入しましたが、「出産祝いにいただければ泣くほど嬉しいもの」の筆頭ですね。

 

離乳食用として必要なのはほんの数ヶ月の期間ですが、その後もハンバーグのタネをこねたり、お菓子作りに活躍していますよ。

 

小分け保存は冷凍と真空の2刀流で楽ちん

一度に数日分を調理したら小分け保存していくわけですが、うちでは真空パックと小分け冷凍を使い分けていました。

 

使い分けると言っても、そんなに高度なことはしていません(^_^;)

 

離乳食はお粥などの主食、野菜などのビタミン系おかず、豆腐や白身魚などのタンパク質系おかずの3つの組み合わせにして、あれこれ悩まなくていいようにパターン化していました。

 

そして、粥など毎食必要になってくるものは1日分くらいにわけて真空パック。

 

 

おかずにあたる野菜の裏ごしなんかはキューブ状に冷凍。

タンパク質系のおかずも基本はキューブ状に冷凍。

 

小分け冷凍は使い勝手や取り出しやすから、これをわが家のベストに認定しました。

 

 

作る時もありますが、結構適当です^^

豆腐をさっと湯通ししてそのまんまとか・・・ベビーフードを使う日ももちろんあります。

 

日本のベビーフードの安全基準は、とくに厳格に設定されていますので、衛生管理がおろそかになった手作りよりも安心、と割り切っていますよ!

おかゆはパックごと湯煎で温めて、冷凍のキューブをレンジ放り込んでチンするだけ・・・(^_^;)

 

なぜおかゆは冷凍にしないのか?

それは・・・ラップで小分けに巻くのが面倒だったから。です。

 

離乳食はあくまでも母乳やミルクから普通の食事への移行期間。

食品添加物とかはしっかり考えますが、あとは噛んで食べることに慣れてくれればOKでしょ!?

 

しかも赤ちゃん用の味付けなので、素材そのままか極薄でいいんです。

大人が食べて美味しい離乳食は、赤ちゃんには危険ですよ。

 

真空パックの活躍は離乳食期だけではないですよ!

大人ふたりと幼児ひとりの家族構成では、スーパーの食材が使い切れないことも多いですよね。

かといって冷凍してしまうと、いちいち料理の度に解凍するのも面倒だし・・・

その点真空パックはいいですよ!魚の切り身や切り落としのお肉なんかもずいぶん長持ちしてくれます。

 

なにより調理に解凍するっていう手順が減っただけでもずいぶん時短になるんです!

 

食材さえも楽ちんできる

育児中は買い物さえも思うように進みません。

外出の準備に移動手段、買い物中は常に片手がふさがり、たくさんの買い物はできません。

 

赤ちゃんが泣き出して、急に出かけることができなくなることだって日常茶飯事なのです。

 

パパが世遅く帰ってきて目にするのは子どもの健やかな寝顔でしょうが、そこに至るまでのままの苦労だってしって欲しいですよね。

 

うちの第3の楽ちん。それはネット通販の利用、具体的にはamazonファミリーです。

 

amazonのプライム会員になると同時に、出産の予定などがあればファミリー会員への登録することができます。

そして、このファミリー会員となることで得られるメリットが結構大きいんですよね。

 

 

おむつやおしりふき、食品、バス・シャワー用品、育児に関するもののほとんどはAmazonで揃います。

 

しかも、おむつなどの必需品は定期便にすることで表示価格から15%も安くなる!

実際にこの威力は絶大です。

 

加入前まではドラッグストアのポイント〇倍デーなんかでまとめ買いだったのですが、かさばる上に品切れ続出。

 

さらに、パパの休日に合わせて買い物の予定を入れることで、また衝突の火種になってしまう。

 

体力的にも精神的にも、夫婦間のせめぎあい的にも一大イベントでした・・・

 

ところが、Amazonファミリーへの加入で、重い物、かさばるものがほぼ最安値で自宅まで、送料無料で届くのです!

 

しかもクレカの支払いにすれば管理が楽な上にポイント還元まである・・・

 

なにより、「買い物」から開放されることで、ママの自分の時間がべらぼうに増えるんです。

 

「買う」という行為は簡単かもしれませんが、移動、支払、運搬などの付随する行動が時間の大半を占めていたのです!

 

そして、わが家の離乳食を「離乳食?楽勝~楽勝!」の域にまで高めたのがこれ。

 

 

栄養的にも衛生的にも、添加物的にもオールOK!

さらにママの負担、楽ちんな管理など全てにおいて手放せなくなってしまいました。

 

離乳食が終わると残る?

 

うちではクッキーの生地に混ぜ込んで、今でもおやつにフレークを使った野菜クッキーを作ってますよ!

 

まとめ

いかがですか?

離乳食がめんどうで嫌い!と言う前に、それに付随することで楽ちんに取り組んでみては?

一度にたくさん作ることで楽する、保存することで楽する、食材やその調達で楽するという視点でうちの育児手抜きをご紹介してみました。

 

手を抜くといっても、子育てに大切な子供とのふれあいの時間はむしろたっぷり増えました。

 

そりゃ育児ですから、うまくいかないことなんてしばしば、2歳の兄ちゃんもしっかり叱られてますよ^^

 

でも、ママがいろんなストレスから開放されたこともあり、険悪なイライラはなくなりましたよ。

パパの仕事はママの育児ハードルを少しでも下げてあげること!楽ちんにできそうな事があればいろいろ調べたり、試してあげてます。

 

よかったらみなさんも試してみてくださいね~