読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただいま子育て中につき、ご用件のある方は・・・

2歳差兄妹をこそだて中!いくらか未来が好きになる。

離乳食がめんどうで嫌いだというママへ!わが家の楽ちん法をご紹介

f:id:syooryuuken:20170323160228p:plain

これから離乳食をはじめなくてはいけない新ママ、そろそろお粥以外の食材へと進むママ。

離乳食作りにストレスを感じていませんか?

 

その前に、そもそも料理って好きですか?

 

すみません。いきなり身も蓋もないお話になりますが、私は料理人ですが、料理自体を「楽しい」と感じたことはありません!

 

あくまで仕事ですから・・・結果的にやりがいは感じますが、「楽しい」という気持ちとはちょっと違うな~というのが本音です。

 

上手いとか下手とかの問題と、好きか嫌いかは少し違う感覚ですよね。

 

さらに離乳食ともなると、自分で食べた記憶も無ければ、「美味しい」という完成形も曖昧ですよね。

 

さらに、せっかく苦労して作ったのに食べてくれなかったり、育児本の通りに先に進まなかったりすることで、ますます離乳食がストレスになってしまうのです。

 

続きを読む

幼児のカルシウム不足問題。要は牛乳量じゃないんだよ。

f:id:syooryuuken:20170322032459j:plain


兄ちゃんの友達が遊びに来てくれる予定だったのが、急にキャンセルになってしまいました。

 

まだ保育園などに通っていない兄ちゃんにとっては、数少ない同い年くらいの子と遊ぶチャンスだったのでとても残念。

 

そのキャンセルになった理由をママ友に聞いてみると、「鎖骨の骨折」だそうです。

 

鎖骨!?

 

アンディばりのネリチャギでも喰らったのか、そんなとこ折れる幼児って・・・珍妙な。

続きを読む

小児科の選び方!小児科ドクターの見るべきポイント

f:id:syooryuuken:20170322032019j:plain

子どもは本当にしょっちゅう小児科にお世話になりますよね。

 

特に小さい男の子は体も弱く、頻繁に熱を出します。

 

発熱以外にも予防接種やら定期検診やら、気がつけば毎週通ってるな~くらいの勢いで顔をだす場所です。

 

できることなら、信頼できるドクターに長い付き合いで子どもを見ていただければな~というのが親心ではないでしょうか?

 

みなさん、小児科医を選ぶポイントってどんなところを基準にしてます?家からの距離?評判?

 

それともイケメンドクター?

 

小児科選びに迷ったうちの体験談を紹介します!

続きを読む

離乳食ごっくん期の目安量!?食べてくれない時はどうする?

f:id:syooryuuken:20170322031229j:plain


生後5~6か月で首がすわってくると、いよいよ離乳食のスタートです!最初は10倍がゆから、焦らず騒がず少しづつ。

 

ところがどっこい、育児書の通りには進まないんですよね~

 

今でこそ兄ちゃんも2歳と6ヶ月になり、好き嫌いなく食べてくれますが、離乳食の開幕戦は散々な結果だったのを思い出しました。痛烈に。

 

悲しいかな食べない理由なんて、考えても日々のご機嫌で変わってしまいます。もしかしから、うちで功を奏した苦肉の策があなたのお子様にも通用するかも・・・

 

参考にならなかったら、あ~らごめんなさい!苦肉の策ですので・・・

 

 

続きを読む

RSウイルスに感染した時の症状は?赤ちゃんを守る方法って?

f:id:syooryuuken:20170322025333j:plain


秋から冬、そして春にかけてのシーズンによく耳にする感染症の中に、「RSウイルス」と言うものがあります。

 

あまりに耳にすることのなかったウイルスの名前ですが、子どもは2歳までにほとんどの乳幼児が感染する!?というくらいポピュラーなウイルス性の感染症なのです。

 

その症状が「風邪」によく似ていて見分けがつきませんが、新生児が感染すると重症化する恐れもあるようです。

 

二人目の出産を間近に控え、2歳の兄ちゃんの健康管理も気をつけようと思います。

2歳差兄妹をRSウイルス感染から守るために調べてみました!

 

続きを読む

2歳の男の子の赤ちゃん返り!2人目がおなかにいる時でもするときがある!?

うちの息子は現在2歳と6か月。

 

イヤイヤ期まっただ中の兄ちゃんは、最近になってようやくママのおなかが大きくなっていることに気づいたようです。

 

初めての胎動におっかなびっくりの様子でしたが、ここ数日はママのおなかを自分からなでりなでりするという幼気な成長を見せてくれました。

 

続きを読む